【ハイスペック】カロリーに負けるな。美味しさに勝て『あんブレッド』

Sponsored Links

スーパーで見つけた『あんブレッド』は想像以上にハイスペック

あんこ好きですか?いつも良くいくスーパーで初めて見たあんブレッド。

あんこパンです。

あんこパンと言えば木村屋の「あんぱん」が有名ですし、

最近では「あん食」というパンも有名です。

「あんぱん」はスーパーで手に入りますが、「あん食」はネットで買うか売っている場所も限られている。

そんな中、 「あんブレッド」はオイシスさんが発売されている商品で、業務スーパーやLIFE(ライフ)に置いています。 

スーパーで発見『あんフレッド』

スーパーへ立ち寄った際に見つけたあんブレッド。

子供の頃はあんこってあまり好きではなかったのですが、年齢重ねるごとにあんこの甘さが好きになり食べたくなる。

あんこ餅、たい焼き、そして、あんこ入りのパンと。

あったら食べたくなるあんこ商品。

今回はこのあんブレッドについてご紹介したいと思います。

食べてみたい、パン好きな方にご参考になればと思います。

うまいが勝ち。カロリー気にしたら負け。なんと1061kcal

あんブレッドは、商品パッケージにも書いてあるのですが、

”ずっしり重たい”と書かれているように持った瞬間にほかのパンとは明らかに違う重さがあります。

まさにあんこによる重さでずっしりとしたあんこパンです。

また、カロリーは1061もあります。

全部ひとりで食べようとするなら成人男性に一日のカロリーの約半分を一気に摂取するカロリー量です。

カロリーだけみたらやばいですが、カロリー以上の期待。

あんこもたくさん入って、パン自体も3つに分けられるようになっております。

1つだけでも結構なボリューム。

そのままでも美味しいと書かれていますが、私はトースト派なのでトーストしました。

一つが大きいのでトーストする際にも表面が焦げてしまうほど厚みもあり、

また、トーストしてからのパンの香り、パリパリ感も出て、あんこもずっしり。

一口食べると、、、

あんこ。

うまい。

バクバク食べたくなります。

あんこ入りのパンやっぱりうまいです。

いいパンに出会いました。

 

Sponsored Links

あんブレッド

  • 商品名 あんブレッド
  • 商品説明 自家製発酵種でしっとりおいしく。
  • メーカー オイシス

キンキパン  オイシスの懐かしパンシリーズ

昭和23年、オイシスの前身である「近畿食品工業株式会社」が創業しました。昭和41年より「近畿のパン」=「キンキパン」の愛称で神戸を中心に菓子パン等を販売させて頂きました。 昭和40年代から50年代にかけての人気商品を「キンキパン」ブランドとして復刻、シニアの方には懐かしく、若い世代には新鮮な味と見た目」のシリーズです。

ホームページ:http://oisis.co.jp/category_bread.html