【パンの王道】ヤマザキパンのダブルソフトが激安だったので2つも買ってレビュー。

Sponsored Links

パンの王道 ヤマザキパンのダブルソフト

とある激安ストアを訪れた際に出会ったダブルソフト。

まじで!?

なんと109円で売っている。

これは、買い(^_-)-☆

迷わず購入しました。

しかも、2つも買いました。

たまたまの特売日に行けたのはラッキーでした。

ヤマザキのダブルソフトはほとんどの方は聞いたことがあり、食べたことがあるのではないかと思うほど30年以上のロングセラー商品です。

私も子供の頃から食べているパンです。

そんな、ヤマザキパン『ダブルソフト』を今回ご紹介します。

あなたがまだ知らないダブルソフトに出会える日にかもしれません。

ヤマザキパンのダブルソフト

  • ダブルソフトの歴史は長く平成元年(1989年)から発売されている超ロングセラー商品です。
  • 消費者の声「耳までソフトな食パンがほしい」声が届き発売された。
  • 発売初年度は8ヵ月間で売上高100億円(出荷ベース)爆発的な売れたらしい。
  • 「平成元年度・食品ヒット大賞」を受賞した。
  • 半分に分けた時に数字の1に見える。1(ワン)が2個(ダブル)並ぶことから毎月11日を記念日らしい。
  • 2018年1月には、消費者の健康志向に対応して、全粒粉を使用。
  • 発売25周年を機に、主原料の小麦粉のグレードを上げ、小麦粉本来の香りを引き出したらしい。
  • 2019年に「ルヴァン種」使用などリニューアルを行った。←今ココ
「ルヴァン」とは

フランス語「levain」で「発酵種(はっこうだね)」を意味する。

Sponsored Links

小さい頃から食べている個人的な感想

正直、私子供の頃はダブルソフトあまり好きではありませんでした。

焼いても耳が柔らかくて、中もふんわりしている。

ダブルソフトの売りである柔らかさが好きでなかったんです。

親が買ってきてくれるので食べていましたが、もっと歯ごたえのあるパンが当時は好きだったのを覚えています。

しかし、大人になってから食べるとまた変わってくるものなんですね。

あの柔らかいソフトなのが食べたくなる時があるんです。

不思議ですね。

嗜好が変わってくるというか、食べたくなるというか。

基本トーストして食べるのが好きなので必ずトーストはするのですが、ダブルソフトはトーストしても柔らかいんです。

そして、香りも良くて美味しい。

さらに使っているものにもこだわりさらに美味しく進化続けている。

ヤマザキパンのロングセラー商品ですね。

ホームページをみてみるとダブルソフトのプレミアムがある事も知りまだ店頭で意識的に見たことはなかったのでまた見た際には購入し食べてみたいと思います。

Sponsored Links

山崎製パン ダブルソフト

ダブルソフトのこだわり

  • ルヴァン種使用
    ルヴァン種(発酵種)を使用しコクのある味わいとしっとりとした食感を引き出しました。
  • 製法
    短時間で焼き上げることでミミまでソフトに焼きあがります
  • 食べやすさ
    真ん中からタテに簡単に分けられる食べやすさがダブルソフトの特徴です

ユニバーサルデザインフードの規格で

  • 「容易にかめる」区分の食品です。

ダブルソフトは全3種類

  • ダブルソフト
  • ダブルソフト全粒粉入り
  • ダブルソフトプレミアム

ホームページ:https://www.yamazakipan.co.jp/brand/double_soft/index.html