【神】2022年初日の朝は自転車で行く大阪七福神を巡りご利益も頂く

Sponsored Links

元旦初日の朝から自転車で巡る大阪七福神でご利益を頂く

2022年をむかえ、最初に行う事何にしようかなって思いながら元旦の朝いつもより早く目覚めて考え付いたことが、七福神巡りしてみようと。

元旦にしかできない事やってみようと。

思い立って、朝7時から出発。

七福神聞いたこともあるし、時間さえあればめぐることも可能だと思っていってきました。

朝は7時台は外も寒く、人も少なく、走りやすい。

走っていると気持ちがいいほどです。

家から一番離れている玉造にある三光神社からスタートしました。

このブログ読んでくださった方も行ってみようとご参考になれば嬉しいです。

七福神とは

大阪七福神はココにあり

移動は自転車がおススメの理由(レンタサイクル)

七福神の回る順番

まだまだある大阪府にある七福神

七福神とは

  • 室町時代の経文(きょうもん)に書かれた書
  • 「七難即滅・七福即生」の考え信仰を守ることで七難が去って七福が訪れる
  • 人間の願い求めるすべての福を具体化したとされる七福神
  • 恵比寿(えびす)、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)弁財天(べんざいてん)布袋尊(ほていさま)寿老神(じゅろうじん)福禄寿(ふくろくじゅ)7つの神様です
  • 江戸時代中期には、お正月に1年の福徳を願って七福神を祀る寺社への巡拝がブームになったそう。

大阪七福神はココにあり

  1. 三光神社 寿老神(じゅろうしん)
  2. 長久寺 福禄寿(ふくろくじゅ)
  3. 法案寺 弁財天(べんざいてん)
  4. 大乗坊  毘沙門天(びしゃもんてん)
  5. 大国主神社(敷津松之宮境内) 大黒天(だいこくてん)
  6. 今宮戎神社 恵比寿(えびす)
  7. 四天王寺布袋堂 布袋尊(ほていさま)

このようにみると案外玉造からスタートしてぐるっと回るような感じでみるといけない距離ではありません。

七福神参りしやすいコースとなっているので、運動にもいいコースです。

移動は自転車がおススメの理由(レンタサイクル)

車、電車、自転車、ウォーキング、ランニングなど移動手段はありますが、私のお勧めは自転車です。

その理由は、

まわる時間だけなら1時間もかからないからです。

また、移動としても自転車は楽です。

谷町の坂も電動自転車を使えばラクラク、スイスイです。

今は、サイクル自転車もありますし、運動にも適しています。

車は、駐車場の問題があります。電車は乗り換えが大変にも感じます。

四天王寺は谷町線(紫)、玉造は緑地線(黄緑)、なんばは千日前線(ピンク)、大国町は御堂筋線(赤)と徒歩と組み合わせても良く歩くと思います。

ウォーキングやランニングの方は、時間にして2時間から1時間半になります。

とてもいい運動となり、この日一日だけで1万歩以上は歩けそうですね。

私は、自転車が好きで自転車での移動にしました。

駐輪場も気にせず止めれますし、荷物もかごに入れられる。谷町の坂は多少しんどくてもその時だけです。

七福神の回る順番

七福神めぐりに難しいルールは一切ないようです。

家の近所から行くのも良し、あえて遠い所から行くのも良しです。

私は、家から一番遠くにある玉造からスタートしました。

ゴール地点に目標をおくとまた歩きやすいですね。

難波にしておくとそのあとご飯食べたり、動くのにも効率がいいかもしれません。

まだまだある大阪府にある七福神

大阪七福神
河内飛鳥七福神
南海沿線七福神
阪急沿線西国七福神
北大阪七福神
なにわ七幸めぐり
岸和田七宮詣り
庚申堂七福神一箇所七福神
大阪福島七福神一箇所七福神
猫福神一箇所七福神

これだけ制覇できる方はなかなかいないと思いますが、行ってみるのもいいですね。

三光神社 寿老神(じゅろうしん)

 

到着したのが7時半過ぎ。

まだ参拝する方もちらほらでした。

写真にも納めやすくてまた、真田幸村の抜け穴?ココにすごく興味があり玉造周辺の探索してみたいと思いました。

長久寺 福禄寿(ふくろくじゅ)

 

その次に訪れたのが長久寺。

自転車で西に7分ほど、上町台地を上るとあります。

着いたのがまだ7時40分。

開いていなく外からの写真のみになりました。

法案寺 弁財天(べんざいてん)

次は、法案寺。

南西へ下っていくだけで、道頓堀の近く。

自転車でも5分と近かったです。

ここで8時。すっかりと明るくなり天気も良かった。

番外編(道頓堀)

朝まだ8時過ぎの道頓堀。

人もほとんどいなくて、静かでした。

元旦の朝って感じがしましたね。

大乗坊  毘沙門天(びしゃもんてん)

次に向かったのは、大乗坊  毘沙門天。

時刻は8時15分。

ここは、日本橋オタロードの角のあたりにあります。

何度もこの辺りは来たことがあり存在自体も知っていたのですが、 今回初めて参拝する事ができました。

大国主神社(敷津松之宮境内) 大黒天(だいこくてん)

次に向かったのは、大国主神社(敷津松之宮境内) 大黒天。

ここも何度か訪れたことはあったのですが、まだ人も少なくて参拝しやすかったです。

境内には警備員さんもいるほどなので時間とともに人が増えてくるのでしょう。

まだ朝の澄んだ空気の中ゆっくりと参拝させて頂きました。

 

今宮戎神社 恵比寿(えびす)

次は、えべっさんでも有名な今宮戎神社 恵比寿。

時刻は8時半。

ここもまだまだ人も少なくてゆっくりと参拝できました。

えべっさんになると100万人は訪れるというすごく人が集まる場所ですが、元旦の朝は空いてて境内をぐるっと歩いて参拝しました。

四天王寺布袋堂 布袋尊(ほていさま)

最後に訪れたのが、四天王寺布袋堂 布袋尊。

時刻は8時45分。

本来なら玉造へ向かう途中で向かう前、一番最初にめぐっても良かった場所でしたが、ぐるっとめぐる形となってしまったので一番最後に参拝へ。

四天王寺は個人的に訳ありで年に何度も訪れていましたが、、、

布袋尊の事はまったく知りませんでした。

結構目立つところにあるんですが、知らなかったのでいい機会となりました。

Sponsored Links

七福神すべて参拝できました

結局回ってみると四天王寺で終えて良かったなって思いました。

四天王寺はさすがに参拝する方がほかの所よりも多かったですが、それでもまだまだゆったりと参拝はできます。

自転車でめぐりながらもなんだかんだで家からの時間考えると約2時間は過ごしてました。

元旦からご利益のある事が出来て良かったと思うばかりです。

個人的には自転車のおかげでここまで走っても疲れることもなくどちらかと言えば楽しく参拝できました。

七福神巡りもあなたが好きな方法で行うのが一番だと思います。

時間かけて1軒、1軒訪れていくのもいいともいますし、一気に回るのもいいと思います。

気候、行事と被らないようにすれば人も少なく参拝もしやすいと思います。

このブログ参考になった方はコメントなど頂けると嬉しく思います。

Sponsored Links

コメントを残す