【食べ比べ】焼きカレーパンとカレーパンどっちが食べてみたい?

カレーパン
Sponsored Links

何が違うの?気になるから食べ比べしたカレーパン

パン大好きFukuchanです。

今回ですが、カレーパン比較です!

何気に売っているカレーパン。

お店で見た際に焼きカレーパンとカレーパンは何が違うのか??

メーカーは両方ともヤマザキパン。

値段も同じでした。

パッケージ、パンの違いが分かるけど。

もしかして。

もしかして中身同じものを入れているのでは?と、

変な疑問を頂いてしまいました。

そこで、今回、購入して食べ比べしてみました。

ヤマザキパンの闇を暴いてみよう。

実際食べてみた違いや見た目、中身などすべてわかる範囲で公開します。

このブログを読まれて購入されるきっかけになって頂けると嬉しいです。

私個人的に両方とも美味しいのですが、どちらを選べと言われたら『焼きカレーパン』を選びます。

食べ比べた結果ですので、お時間ある方は読んで頂ければ幸いです。

『焼きカレーパン』と『カレーパン』比べてみました。

焼きカレーパン

見た目の好きさで言えば、パン生地の見た目が好きで、実際持ってみでも美味しいパンだと直感しました。

これは、個人的に見た目から好きなパン系だ!

一口食べると具が大きくカレーを食べている様な感覚もある。

パン生地が柔らかくて美味しい。

そして辛い。

中辛ぐらいか、ちょっと上ぐらいって思いました。

子供は辛すぎると言うかもしれないですね。

トーストするとさらに美味しくなります。

パン粉がサクサクになり、カレーまほんのり温かく、辛い。でも美味しい。

カレーが辛いからパンが甘くも感じるのが良いですね。

焼きカレーパンは全体的に大きくパンもしっかり食べてる感じもパン好きくらすると好きです。

カレーパン

一口食べるとよく知っているカレーパンって感じがしました。

揚げたパンに中のカレーもそこまで辛くなくて、具はほぼペースト状になっており、こっちの方が辛くない分子供も食べやすいかもしれないです。

揚げパンなので表面はサクサクで中が少ししっとりしている。

こちらもトーストしてから食べてみると全体的にサクサクするが焼きカレーパンのほうがサクサクは強かった。

圧倒的に昔ながらのカレーパンは、こっち。

単純に懐かしく美味しい。

どの年代にも食べやすく、満足できるカレーパンです。

個人的にどちらが好きかと言うと焼きカレーパンが好きかな。

トーストすると焼いてサクサク感が増して、パン生地も甘くなり、カレーは辛いが、全体的なバランスは焼きカレーパンが好きかなってのが自分の意見です。

あと、両方とも冷たいより温かいする方が旨さは増します。

ちょとひと手間ですがトーストなりして食べるのがおすすめです。

商品紹介 『焼きカレーパン』『カレーパン』

商品名 ヤマザキ 焼きカレーパン
価格 オープン価格だが、100円以下でした。

商品名 ヤマザキ カレーパン
価格 オープン価格だが、100円以下でした。

ホームページ https://www.yamazakipan.co.jp/product/02/currypan.html

Sponsored Links

まとめ

  • 個人的には焼きが好き
  • 理由は、少し辛くて、パンの生地が好き
  • 具は焼きカレーパンの方がわかりやすく入っている
  • カレーパンの具はほぼペースト状
  • 焼きカレーパンは大人向け、カレーパンは子供も食べれる辛さ
  • 両方ともトーストすると生地がサクサクとなる焼きカレーパンが好き
  • 両方とも温めてあげるとさらに美味しさUP!
  • カレーパンはやさしい味がする
  • カロリーは焼きカレーの方が低い

気になった下さった方はぜひお店で見つけて食べ比べしてみてください。
最後まで読んで下さりありがとうございます。
次のパンブログも読んで頂けると嬉しいです。

コメントを残す