失敗しにくい、お酒の飲み方

酔っ払い

お酒の量と時間

お酒を飲まれる際に大切なのは、飲む量は適度にし、時間を決める事で二日酔い予防対策になります。

お酒は、リラックスし楽しい席にもなります。

酔っ払い

飲み始めていくうちにこれからの展望など話したりして3時間ほどで終えると身体への疲れ方はまたコントロールしやすいです。

大変なのは、3時間以上のみ、愚痴をずっとこぼすようなつまらない話が続くことです。

話したい事を話すのが普通なのですが、「賢い飲み方」を知っている方は話の持っていき方をうまく相手にもコントロールして飲む事でお互いにとって明日への体のためです。