お酒

お酒の量と時間

お酒の量は適度にした方がいいが、時間はもっと決めると疲れにくく二日酔い対策にもなり、身体は疲れにくい。

お酒の席で飲むとリラックスして、楽しい席になります。

飲み始めていくうちにこれからの展望など話したりして3時間ほどで終えると身体への疲れ方はまたコントロールしやすいです。

大変なのは、3時間以上のみ、愚痴をずっとこぼすようなつまらない話が続くことです。

なかなか、会話は今話したい事を話すのが普通なのですが、これを知っている方は話の持っていき方をうまく相手にもコントロールして飲む事でお互いにとって明日への体のためのメリットです。

お酒の席だけの話ではなく、面白い話でも、長時間よりも時間が決まった中で終えて、また次の機会にするのが合う楽しみになります。