仕事と「疲れ」のストレス

仕事について

仕事でこんな事になっていませんか?
  • 身体が重い
  • 疲れているのがわかっていてもやることが多い。
  • イライラしやすくなっている。
  • 集中はできるが後の疲労が取れにくい。
  • 仕事は楽しいが疲れは取れない。
  • 一日中デクスワークで立つことが少ない。
  • 外回りなどの営業など座っている事は少ない分、疲れで集中ができなくなっている。
イライラ
誰しもが経験をしたことがあると思います。
普段ならしないようなミスや環境によっても影響を受けてしまいます。
身体を見ても疲れやすかったり、寝不足であったり、身体の声を聞く覇気がなく、今置かれている状況にがんばりすぎているのではないでしょうか。
仕事終わりにお酒がより進んだり、家に帰ってから寝るよりも自分の時間に使ったり。
酔っ払い
時間だけは限られており、少々の無理をしてまで頑張っているなら、休むことも忘れないでください。

しんどくなる前に

人によっては症状が出てから気がつくこともありますが、症状もさまざまあります。
手術するほどのものから薬で収まってしまうもの。
ほっておいてもいつのまにか直っていくもの。
色々ですが、気がついてからでは遅いことだってあります。
がんばりすぎるからこそ、身体のことにも目を向けてあげるようにしてあげてください。

予防として

デスクワークの方は1時間に一度は席を立つだけでもいいです。
集中できると言うのはとてもいい事ですが、身体は固まったまま。
姿勢は同じままで、座っている事が身体は前のめり(猫背)になり、目を酷使することで、疲労がたまります。
デスクワーク
身体がなんともないから席を立つ。
そのちょっとしたきっかけ作ってあげてください。
反対に営業で動く方は、横になったりするのがいいです。
車での移動の合間にも横になってあげるだけでもいいです。
シート倒して寝たり、歩くなら休憩をするようにして下さい。
運転
目を酷使する方は目をつぶってしばらくそのままでいることや、目の周りをかるくマッサージするのもいいでしょう。
眠たい時、シャキッとしたい時にはカフェインの入ったコーヒーやお茶もいいですよ。
コーヒー
頭の疲れには砂糖でもブドウ糖をとるといいですよ。
今はタブレットなども売られています。
あなたに任せられた仕事がありどれから手をつけるのがいいかわからない時にはメモを書いて優先順位をつけて行うようにしましょう。
リストを作ると仕事の効率が上がり、ストレスが軽減できます。
また緊張しやすい時には、深呼吸をしたり、水を飲んだり飴を舐めるといいですよ。
緊張を少しほぐしてから臨みましょう。
休憩中には、気分転換に外を眺めたりもいいです。
顔を洗うのもシャキッとできますが、女性の方などは手を水につけてひんやりとしたのも刺激になるのでオススメです。
余裕がない時こそ、鏡などを見て笑顔を作るようにする。
怖い顔では、周りにも影響します。

ストレス発散!!

ご褒美を作るのもいいですね。
一日の中でも、一週間の中でも、3ヶ月先でもいいので、何か自分にご褒美的なものを作ると気分が変わります。
1日頑張った後に美味しいもの食べよう。
1週間後に映画見に行こう。
3ヶ月後に旅行へ行こう。
など、その日から長期の目標など立てるのも自分自身のモチベーションを上げるきっかけとなります。
旅行
そのような身体にかかるストレスや心にも与えるストレス。
あなたにできるストレス回避法それこそ予防法です。
仕事をがんばるあなただからこそ、できることからやってくださいね。

まとめ

  • ストレスの付き合い方
  • ストレスの予防
  • ストレスを溜め込まず発散!!