歩行

歩行について

動ける身体があるのに、歩かないのはより「疲れ」を増加させる要因の一つです。

天気や気温、または症状により身体の調子がのらない事だってあるでしょう。

いつもと同じ様な生活習慣にちょっとした身体に刺激を与えてあげる事で、身体はあなたがおもっているより刺激があります。

疲れると思いますが、その疲れこそ、体にはいい栄養となり、リフレッシュする効果もあります。

肉体を使いすぎた時の疲れでも軽い歩行が良かったり、またココロへのストレスなどにもウォーキングする時間作ってあげる事で、そとの空気を吸い普段のイライラする気分をその時だけでも身体の栄養と思って行うとちょっと視界が広がって違う目線やココロでの感じ方が変わるといいですね。

ポイントは少し歩幅を半歩分広げ(大股)で15分ほど意識して歩くだけで姿勢が自然によくなり、身体の酸素も入りやすくなります。

なんでもそうですが継続する事が大事で無理は必要はないです。

一週間の内の1日を使うことから始めることからでもいいのでの

7日×24時間×60分の10080分の中の15分からウォーキングに使ってみることから始めてみてください。

休みの日でもいいと思います。

朝から歩く時には必ず、ご飯は食べてからにしてください。

血糖値の問題があります。

空腹で運動は動けるではなく、身体(内蔵)に負担がかかるからです。

また歩くことに慣れたら、日数を増やしたり、時間を延ばしたりとしてくとより「疲れ」るようで、身体にはいい栄養として刺激されます。

歩くきっかけをあなた自身で作って見てください。

ダイエットにも繋がるかもしれませんね。