流行語?のように聞く「年のせい」という言葉。

症状は身体から訴える以上大切です。

しかし症状だけ見てしまうと本来もっと見て欲しい場所から症状に意識が行く事で症状に執着してしまう傾向があります。

そのひとつが「年のせい」です。

最近すごく子の言葉良く聞くようになりました。
ここをご来院する方の中にもカウンセリング中にお伺いすると先生に「年のせいだから・・・」と言われて、わかっているけどじゃどうすればいい
の?って改善していく方法は教えてくれないといいます。

本当に年のせいだけでしょうか。

私みたいなまだ若造が言うのもなんですが、あなたと同じ年代の方の中には元気に動かれている方もいませんか?

自分自身で歳を取ったな。
前より体力が落ちたな。
過去をみると今の方が年を取っていっていることを自分で認めるのは仕方がない事ですが、全てが「年のせい」でごまかしていくようなのは違う気がします。

ご来院して下さる方の40代~80代の方からも「年のせい」だから付き合うしかないよ。と言われた方を問診でもお伺いしました。

私自身なんか悲しくなります。

言葉でごまかす医療は医療で無いです。

良くなりたい人の気持ちに応えるのが医療であり、私ができる事はほんの小さなことですが、できる事させて頂き喜んでもらえるのなら、できる事行います。

まだ、年のせいにしたいくない方。

その気持ち私にぶつけて下さい。

身体をかえて見返しましょう。