流行語?のように聞く「年のせい」という言葉。

症状は身体から訴える以上大切です。

しかし症状だけ見てしまうと本来もっと見て欲しい場所から症状ばかりに意識が行く事で症状に執着してしまう傾向があります。

「年のせい」です。

最近すごく子の言葉良く聞くようになりました。

ここをご来院する方の中にもカウンセリング中にお伺いすると先生に「年のせいだから・・・」と言われて、わかっているけどじゃどうすればいいの?って改善していく方法は教えてくれないといいます。

本当に年のせいだけでしょうか。

私が言うのもなんですが、あなたと同じ年代の方の中には動いている方がいませんか。

もちろん年のせいの事もあります。

自分自身で歳を取ったな。

前より体力が落ちたな。

過去をみると今の方が年を取っていっているのは誰しもが嘘はつけませんし、歳に逆らえないこともありますが、全てが「年のせい」でごまかしていくようなのは違う気がします。

そして、最近来られた方の中には80代の方や40代の方からも「年のせい」だからと言われた方もいました。

実際にはここで変わってくれたので、年のせいでは無かったことになり、お互いが喜ぶことができてうれしかったです。

自分の年は自分の年。

でも動く気持ち、良くなりたい気持ち持った方は、年のせいと諦めるのはまだ早いです。

と私はここをご来院する方を通して感じております。