私が開院した理由

私は、20歳から医業の道へと進みだしました。

現在、接骨院、整骨院の勤務経験を活かして国家資格を
持った治療家として日々調整し笑い、喜び、話しをして、
より快適な日常生活を送れるかを考えながらここを必要
としてくれる方を施術させて頂いております。

私が、この世界に入ったきっかけとなったのが中学校生
活の時に陸上部に所属している時に捻挫をする度にお世
話になっていた接骨院の先生の所になおしてもらいました。

一度は違う業界の道へとも進みましたが、学生時代にお
世話になった先生の事も思い出し、接骨院の先生の所で
勉強させてもらうようにお願いし医業の道へと志しました。

毎日楽しく20代前半という事もあり若さという武器が
お姉さま方のアイドル的な要素もあったのか会話するだ
けでも喜ばれる。

そんな日々を過ごしながら本格的に学びたいと思い22
歳の時に国家資格を取りに行く為に学業にも励み、朝8
時から接骨院で仕事をしながら昼から学校で解剖学や生
理学、運動学など勉強し、夕方には接骨院へ戻り9時頃
まで仕事と実践しながら研修時代を過ごしていました。

無事に3年間通い、勉強も頑張った成果も出て無事に一
度目の国家試験を合格し柔道整復師免許を取得する事が
でき今までお世話になった先生とのころから離れ、さら
に治療家への道へと1歩1歩進む為違う整骨院で5年ほど働きました。

しかし、挫折もありました。

現実的にただマッサージだけでは足りないことに直面しました。

「ただもむだけでは、なおらないってこと」

気持ちよくはなるけど、何が良かったのか分からないという現実です。

それは、本当に苦しい思いしました。私がしたかったこ
とが分から無くなり一度は離れようかとも考えるほどでした。

その中で、支えてくれたのが今の奥さんであり、初めに
勤めた職場の方々に相談し、自分の進み始めた道につい
て考えさせてくれました。

せっかく人を良くしたいと思い進み始めた道。だからそ
んなものではない。一人でも多くの人の笑顔みたい。

良くなった顔、元気な声、嬉しい声、そんな場所を自分
で作らないといけない!もっと本気になろうと思いました。

そして、出会った技術が形から直す技術に出会いました。

治療家の道を進み始めてから8年目28歳の時です。

私も持病をもっておりました。
小学生の頃に2度も交通事故にあい首を回せば痛く、生
活に支障はなくても証明写真を撮る時に直すちょっとし
た姿勢を変えるのもしんどくて違和感がありました。

証明写真を撮る時には自分はまっすぐしているつもりで
も傾いていると直す事が嫌で証明写真撮るのは苦手でした。

そんな身体と付き合いながらただマッサージしても湿布
はっても良くなる事はなく日常生活に大きく支障がでる
わけでもないので、半分諦めるというか一生持っていく
ものだと思っていました。

しかし、その時に形から変えるという考え方や施術を受
けた時に衝撃を受けました。自分の今まであった首の違
和感が取れており、今では首を回すことに違和感が出る
事は無くなりました。

自分は今まで治療家として痛い所だけを触ってなおすと
いう概念を覆したからです。

人の身体は常にゆがみがあり、それを正す事こそ大切だ
と気づかせてくれました。それから2年後形をかえる技
術を習得し、やっと自分の目指す形ができました。

現在、さらに日々自分の施術に向き合い、一人ひとりの
身体も違えば症状も違う。身体から見える検査を通じて
進化させていく事に楽しみを覚え、また、ここへ来て下
さる方一人ひとり私ができる事からサポートさせてもら
い日々の辛い毎日から解放させ笑顔がみられるようにする。

ここへ来る方には、少ししんどい時はあっても明るく、
楽しく、自分の人生を生き生きとやりたい事どんどん行って欲しい。

当時からの変わらぬ想いで日々向き合って施術をしております。

私に何かできる事があれば、お気軽にご相談下さい。

長文でしたが、私の想いを読んでくださりありがとうございます。