美味しんぼをみて作ったにんにくスープが美味しかった。

Sponsored Links

にんにくスープ

にんにく系の料理って好きですか??

私は毎日食べれるなら食べたいのですが、ある程度人との付き合いを考えたり、次の日の予定を考えて食べるようにしております。

にんにくは、匂いだけは気になりますが食べると美味しいですよね。

しかし、食べれる時にはたべたーい!

いくら食べても気にしないーーい!

それぐらい気にしないで食べたくなる時もあります。

家でもニンニク系の料理を食べるときもありますが、Amazonプライムビデオ(アマプラ)に美味しんぼを見ることができにんにくについて紹介されている作品がありました。

アマプラのおかげで知ることができた

「美味しんぼ」の中で紹介されていたのが、

「29話 にんにくパワー」というタイトルで放送された中に、にんにくスープの作り方を紹介していたのでさっそく作ってみました。とその前に

にんにくメリット

にんにくは疲労回復、免疫力アップ、美肌作用、アイチエイジング、風邪予防、がん予防、冷え性改善などに効果ありと言われている。

  • ニンニクの匂いだけでも体温が上昇する
  • 食べた直後から血流や代謝がアップ
  • 血液がサラサラになり血糖値や血圧改善が期待できます。
  • 風邪の原因になる連鎖球菌やブドウ球菌を殺す強力な抗菌作用を持ってる
  • がんの予防、体の免疫力を高める効果もあるといわれている

にんにくデメリット

ニンニクに含まれる「アリイン」火が通っていない状態の時のニンニクの成分を大量に体内へ吸収されると、

  • 血中の赤血球の大部分を占めるヘモグロビンが減少します
  • 赤血球を破壊するため、血圧低下、貧血、めまい、嘔吐といった症状を引き起こす
  • 空腹時はNG

食べ過ぎないために

加熱した場合の目安

大人 1日4片、20g程度

子供 じめてニンニクの方 2片程度

食べ過ぎた際は

お水を飲のむこと。

「アリシン」は水溶性の成分なので、水分を取ることで体から排出しやすくなります。

にんにくスープの作り方はとても簡単

1.ニンニクをみじん切りにする

⇒みじん切りにすることで火を通しやする。

2.フライパンでみじん切りにしたニンニクを炒めるほんのり色を付ける

⇒火を通して「アリイン」を体内に入れないようにし、効能を高める。

3.鍋に鶏ガラスープいれ沸騰したらわかめを入れて、塩、コショウで味付け

⇒炒めることで匂いが抑え、より温まりやすくなる

4.最後にごま油を少し入れてあーら出来上がりだ!

⇒香りが良く、とても美味しいスープができて効能もばつぐん

にんにくスープですが、食べるとにんにくよりもわかめの香りがとても良くておいしかったです。

Sponsored Links

まとめ

生のにんにくは、すりおろすと一段と強烈になる。
すりおろすとアリナーゼという酵素がアリインに作用しアリシンになる。

アリシンがニンニクの有効成分。
アリシンはタンパク質の消化を良くし、ビタミンB1が体内への吸収を良くする。微量のゲルマニウムが含まれる。
それが、体内に酵素を運ぶ働きをするから疲労回復へと役立つ。

いい事だらけだが、

すりおろした生のにんにくは、刺激が強くて空腹時には胃を痛める。

有効成分のアリシンは強力な殺菌成分がある為、人間の腸の中の役に立つ菌まで殺してしまい下痢を引き起こしやすくなる。

熱を加える事で、アリナーゼが壊れて、働かなくなりアリインはアリシンにならず強烈な匂いが無くなる。

が、、、

効果がなくなるのではなく、アリナーゼが無くなるだけで時間の経過とともにアリシンになり効果を発揮する。

食べ過ぎた時は、水を飲むこと。程よく食べるのは間違いなく身体を助けてくれる薬ともなる。

また、簡単な料理で美味しく頂く事ができるので、ぜひ試してください。

Sponsored Links

コメントを残す